目元のしわに繋がる目の下のくまとは?

目の下のくま

目の下のクマは寝不足や疲れによって、目の周りの血行が悪くなる青いくまをイメージされる方が多いと思います。
また、自分の目の下にくまができた時も、同様の症状だと思い、対策方法も血行を促すケアを行っている方は多いです。

 

ただ、くまの種類には主に3つあり、青いくまの他に、茶色いくま、そして今回、ご紹介する黒いくまがあります。
これらは、できてしまうとい目元の印象を暗くしてしまう悩ましい症状ですが、ケアする方法少しづつ違いがあります。

 

さらにくまの症状によっては、年齢による肌の衰えが影響している場合もあり、放置すると、目元しわやたるみとして色濃く残ってしまうので、早めの対策を行うことが重要となります。

 

目元のしわに繋がる目の下のくま「黒くま」

例えば青いくまは血行不良などが原因とされることが多く、茶色いくまの場合には目元の色素沈着が原因や影響として知られています。
そして黒いくまは目元の皮膚のたるみやしわといった弾力が低下しておきる影によって表れるくまの一つです。

 

黒くまができる原因とは?

黒くまは主に、生まれつき目の下の脂肪が少ない顔の方、そして年齢によって目の周りの脂肪が減ってしまう、もしくは皮膚の弾力性が失われてしまい、へこみ影となってしまうのが原因と言われています。

 

年齢を重ねると眼窩脂肪を支える筋肉が衰え、突出してしまい、目袋となり、たるみやへこみとなってしまいます。

 

物理的なへこみなどが原因なので、メイクでカバーするのが難しいくまの種類でもあります。

 

黒くま対策の方法

黒くまの対策としては主に美容外科による治療と日々に行うスキンケア、フェイスマッサージなどがあります。

 

美容外科による治療

美容外科やクリニックなどで行う治療は主にへこんでしまった目元にヒアルロン酸を注射し、ハリを作りだして影を消す方法と、突出してしまった眼窩脂肪を吸引する方法があります。

 

スキンケアでの対策

日々のスキンケアでは、年齢と共に低下したコラーゲンの生成を促すこと、潤いが不足しがちな目元の保湿ケアがあります。
コラーゲン生成を促す成分としてはペプチドなどの成長因子成分配合の化粧品、肌の保湿をサポートするセラミドなどでしっかりと潤いを与え、保つことが基本です。

 

また、スキンケアは外側だけでなく、内側からも行うことが大切です。
内側からコラーゲン生成をサポートするための栄養をしっかりと補うことで、アミノ酸として吸収され、必要に応じてコラーゲンなどに生まれ変わります。
ただし、コラーゲンを摂ったからといって、コラーゲンが増えるということではありませんので、あくまでバランスの取れた食事(ビタミン・ミネラル・アミノ酸・三大栄養素)を摂ることが年齢による肌の衰えを感じる方には重要なスキンケアの一つとなります。

 

フェイスマッサージ・トレーニングで目元の筋力アップ

目元の筋力の低下は黒いくまの原因にもなります。

 

フェイスマッサージ、トレーニングをスキンケアの時間に取り入れるなど、習慣化して、顔全体の表情筋を鍛えるように心がけましょう。
目元の筋トレには、ウィンクや目を大きく開けて筋肉を伸ばすなど、簡単ながら継続することで、効果が期待できるエクササイズも多いのでお試ししてみてくださいね。

 

 

目元のしわと目の下の黒いくまは密接な関係です。どちらも年齢による衰えと生活習慣が重なり表れます。
また、紫外線対策も目の下の黒いくま、茶色いくまの原因にもなりますので、ちょっとしたおでかけの時にも日焼け止めはしっかりと塗る習慣をつけましょうね。


 

目の下の黒いくまケアの保湿クリーム

 

目の下,くま,目元しわ,関係性,対策方法


関連ページ

おすすめの美容ジェル
年齢による顔の肌の悩みに役立つしわ・たるみを解消するフィトリフト ・オールインワンゲルのおすすめの効果の特徴について解説します。オールインワン化粧品ならではの使い勝手の良さなど、人気の理由を交えてご紹介します。
まぶたのたるみ解消スキンケア方法
年齢による顔の肌の悩みでもある、まぶたのたるみを解消するためのスキンケア方法をご紹介します。効果的なスキンケアを行うことで、年齢による肌の悩みが悪化するのを予防効果が期待できます。